【マラウイニュース】エスコムのエンドユーザーへの料金値上げ要請にマラウイ国民が怒り

Malawians react angrily to Escom’s call for end-user tariffs increase

2022年8月10日 | Nyasa Times

マラウイ電力供給公社(Escom)のエンドユーザー向け料金の値上げ要求に対し、多くのマラウイ国民が怒りと様々な反応を示しているが、これは電力供給公社がその事業を維持するためであると述べている。

9日、エスコムの最高経営責任者は、ブランタイヤでの記者会見で、国有準公社は2018年のアンバンドリング以来、累積でMK1120億に上る赤字で運営してきたと話している。
最高経営責任者は、同社が電力生産者から1時間キロワットあたりMK140で電気を購入する一方、エンドユーザーには1時間当たりキロワットあたりK104で販売していることを明らかにし、このことが経営を圧迫していると伝えている。
「エスコムはもうだめだ。エスコムを閉鎖するか、関税を上げるか、どちらかを選ぶしかない」と彼は記者に語っている。
しかし、ソーシャルメディアでは、怒り心頭のマラウイ人たちがESCOMを非難し、電力会社のアンバンドリングを罵倒する人もいれば、ESCOMの「不注意」と非難する人もいる。

ある者は、ESCOMの職員が燃料を大量に消費する高級車に乗っており、そのお金で会社の負債を簡単に返済できると非難している。
「非常に無駄だ。ESCOMを閉鎖すればいい、何の役にも立たない。もう誰がESCOMのことなど気にするものか」と他の人は七している。
またある者は、「これはすべて、腐敗したMCPのチャクウェラ政権が新しい契約を開始するための煙幕であり、彼らはこれで利益を得、また国民から搾取することができる。チャクウェラ氏とMCPの無能さが、我々の経済問題を悪化させているのだ」と書いている。

「まったくナンセンスだ。なぜEgencoはこんな天文学的な値段で電気を売っているのか?EgencoはEscomに戻すべきだ。すでに弱っている牛から搾り取るために、ESCOMから2つの会社を作り出したのだ。くだらない。Egencoをアンバンドルして、古い現状に戻せばいいだけだ」と別の者が伝えている。

また別の者は次のように述べている。
「これはとても悲しいことだ。電気は必要だし、ダメージは大きいし、関税を上げるしかない。この組織は以前から略奪されてきたが、悲しいかな、誰も責任を取ってこなかった。政治的な筋肉がこの国を殺している。」

ある者は、ESCOMを一刻も早く閉鎖し、太陽エネルギーに移行した方が良いと訴えている。
また別の人はその意見に同意し、マラウイの人々はESCOMの無能さにうんざりしていると付け加えている。
「彼らはお金を持っている。民間人を助けるために他のエネルギー源に投資するできるのに、そんなことはしない。大統領、他の企業にも道を開いてください」。

「選挙期間中、彼らは政治家にどれだけの金を費やしたのだろうか?ESCOMから盗まれたお金を追跡したほうがいい。そして、我々の税金は国会議員の家を建てるよりもESCOMに使われるべき時だ」と別の者は書いている。

ある者は次のように述べている。
「ESCOMの損失と非効率性に対する唯一の解決策は、電気料金の上方調整であるようだ。なぜもっと深く、もっと広くできないのでしょう!?」

また別の者は、これは「前政権がESCOMから多額の資金を奪っていたために起きた」人為的な問題であると言う。「だから、関税を上げる必要はない。政党に渡していた金を回収して、それを使えばいいのだ」としている。

「我が国にはあと2つの電力供給会社が必要であり、ESCOMは本当に損失を出すということがどういうことか知ることになるだろう」とある者は述べている。
また、「現場で修理するのではなく、事務所にいるだけの技術者が多い」とも述べている。

ある者はこう書いている。
「結局のところ、私たちは停電を乗り切れないというわけではないのです。事実、あなたが私たちをこれらの停電に適応させたのです。」

そして別の者は容赦なくバッシングしている。
「赤字だと言っておきながら、次に聞いたのは、経営トップに新車のランドクルーザーとフォーチュナーを買ってやったという話だ。役立たずの会社だ。もし、本当に赤字なら、経営陣も赤字であることがわかるはずだ。彼らが乗っている車、給料、その他のパッケージは、私たちが聞き続けている話とは違うことを物語っています。彼らは、まるで金で泳いでいるように見える」

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください