【マラウイニュース】エスコムが電力使用制限で炎上

Escom under fire over power use restrictions

2022年10月6日 | THE NATION

マラウイ電力供給公社(Escom)は、消費者や小規模事業者が住宅の敷地をビジネスに利用することを制限する計画があるとして、非難の声を上げている。

マラウイ消費者協会(Cama)と中小企業会議所は、金曜日に流れたEscomの声明に対して、The Nationとの個別のインタビューで反応を示している。

Escomからの通達の一部では「みなさまの住居には、住居用の適切な料金で電気が供給されています。住宅を商業・ビジネスに使用することは違法であり、厳しい罰則の対象となります。」と伝えている。

しかし、Camaの事務局長と中小企業の事務局長は、Escomの決定は時期尚早であると述べている。

Cama事務局長は、Escomがこの決定を実行に移せば、消費者と中小企業の双方が大きな影響を受けることになると指摘している。
「この通達に対して多くの苦情が寄せられていますが、もし彼ら(中小企業)がその地域でサロンやショップといった小規模な収入を得るための活動を行えないとしたら、タウンシップのどこでそうしたサービスを受けられるようになるのでしょうか?どうやって生計を立てるのでしょう?マラウイでは、失業者の生活を支えるために、地域社会で活動する中小企業に頼っているのではありませんか?」と話している。

一方、中小企業協会事務局長は、中小企業は国の経済成長のカギを握っていると述べ、Escomに対する失望を表明している。
この指令は、国の長期開発戦略であるマラウイ2063の目標を支援するよりも、公社の歳入を増やすことを目的としているのではないかと考えたからである。
「中小企業が住宅地で事業を行うのは、マラウイ経済が非常に厳しく、工業地帯で事業を行う余裕がないためです。しかし、マラウイ経済が非常に厳しいため、工業地帯で事業を展開する余裕がないのです。エスコムの指令は、非常に逆行するものであり、助けにならないものだと思います」と話している。

事務局長はEscomに対し、この命令の実施方法についてマラウイ投資貿易センターなどの利害関係者と相談するよう助言している。
「Escomがこの計画を進めるなら、中小企業のメンバーは、差止命令を得るか、全国でデモを行うかして、これに挑戦するでしょう」と彼は述べている。

しかし、Escomの広報マネージャーは、昨日の文書による回答で、この通知は時期尚早であったと伝えている。
「あの通達は正式なものではありません。時期尚早に発表されたものです。だから、存在しないものと考えてください」と彼女は話している。

しかし、このチラシは金曜日に「時期尚早」にも拡散されてしまっているが、Escomはこのチラシを否定する声明を出していない。

Escomは現在、財政難に陥っており、最高経営責任者は今年8月9日、赤字の山で電力会社が死線をさまよっていることを認めている。

ブランタイヤでの記者会見で彼は、2018年のアンバンドリング以来、同社は累積でK1120億の損失を出しており、運命を好転させるためには、料金の改定が必要であると述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください