【マラウイニュース】エアテル・マラウイの利用者に警戒を求める

Airtel Malawi Customers Asked to Be Vigilant

2022年8月10日 | Malawi Voice

エアテル・マラウイは、国内でモバイルマネーの詐欺事件が増加していることを受けて、詐欺師に対して自分のモバイルマネーの詳細を第三者に教えないよう、お客様に注意を呼びかけている。

水曜日のブランタイヤでのインタビューで、エアテルのマーケティングディレクターは、会社としてセキュリティを強化することを約束し、詐欺師の存在を確認していると伝えている。
「私たちは消費者に対し、携帯電話のピンコードや財布の詳細、銀行口座の詳細などを他人に教えないよう、常に注意を促しています。企業として消費者を守るためにできることはいくつかありますが、結局のところ、消費者は自分自身を守るために最大の責任を負っているのです」と話している。

情報デジタル化担当大臣は、「政府は、デジタル空間が安全ではないと思われることを望んでおらず、人々が自由かつ安全な方法で取引を行えるようにすべきです。政府としては、マラウイ通信規制局を通じて、このような詐欺師が捕まるように調査しているところです。私たちは、人々が詐取を意図して電話をかけることを快く思っていません」と述べている。

大臣は、政府はマラウイのネットワークを利用するすべての携帯電話を登録する技術に多額の資金を投じており、この取り組みによって詐欺師を追跡する努力を強化することができると話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください