【マラウイニュース】なぜ燃料不足はマラウイ国民を悩ませ続けるのか?

Why fuel shortages will keep haunting Malawians

2022年9月8日 | THE NATION

マラウイでは日ごとに燃料の供給が不安定になり、パニックが起きています。

マラウイ国民にとって、燃料不足は小さなものでも一時的なものでもなく、「一度噛まれたら二度怖い」と言われるほどです。
2011年から2012年にかけてピークに達した燃料危機も、2010年ごろからガソリンスタンドが孤立して乾き始めるなど、同じような形で始まったことはまだ記憶に新しいところです。

今回は、首都リロングウェでより顕著な状況ですが、ブランタイヤ、ゾンバ、ムズズ、そしてルンピ、カロンガ、マンゴチ、サリマ、デッザといった他の町も被害を免れていません。

今週、一部のドライバーは道路で見かけた燃料タンカーを片っ端から追いかけたが、リロングウェのあるケースでは、輸送業者までが燃料を求めていたことが判明した。

人々は、商品やサービスの配送を含む様々な用事をこなすために何時間も燃料を探しているため、すでに傷ついた経済では生産性が危機に瀕しています。

マラウイ商工会議所の会長は、9月7日付のThe Nation紙で、発電能力の不足による長期の電力配給の影響で、企業も同様に打撃を受けていると指摘しています。

危機的な状況下では、燃料部門の関係者が非難の的となります。
このような時こそ、マラウイエネルギー規制庁の最高経営責任者(CEO)、マラウイ国営石油会社(Nocma)の副CEO、Petroleum Imports Limited(PIL)の部長とそれぞれのチームの立場になることを夢見ないようにしたいものです。

それでもこのような時代には、いくら説明しても、消費者は商品さえあればいいのです。

正直なところ、マラウイは、外貨獲得のための生産面での具体的な改善策がない限り、当分の間、燃料危機に悩まされ続けるでしょう。
つまり、燃料の双子のような存在である外国為替が、この問題を引き起こしているのです。

石油が一滴もない日本では、医薬品、燃料、建設資材、工業用部品、自動車部品、消費財などの必需品を輸入するための外貨を稼ぐために、輸入するよりも多くの商品やサービスを輸出する必要があるのだ。

マラウイ準備銀行(RBM)の金融市場担当ディレクターは、マラウイが生み出す外貨は輸入需要の33%または3分の1をカバーするのに十分であると述べたことが記録に残されています。
昨年のプレゼンテーションで、彼はこう質問した。67パーセントはどこから来るのか?

毎月、マラウイは平均2億5千万ドルを輸入に費やしている。
したがって、昨年の1億9710万ドルというタバコの年間収入は、同国の主要な外貨獲得源であるタバコの年間収入は、1カ月の輸入代さえまかなうことができないのである。

燃料供給市場は複雑な領域であり、ほとんどの場合、供給者は世界中の経済を動かす商品を放出する前に、前払いまたは支払いの証明を要求するのである。

国営石油会社Nocmaと民間コンソーシアムPILが、外国為替不足の中で燃料を調達しているのは、いわば「神の恩寵」によるものである。
両社は、外国の銀行を通じてサプライヤーに融資するための信用状の調達に苦労し、一部のサプライヤーの好意に頼って納入しているのが現状である。
これでは、持続可能なビジネスとは言えない。
今現在、PILは2200万ドルの支払いのための信用状をまだ受け取っていない。

長年にわたる為替不足は、複雑な問題を解決するために、持続的な解決策を犠牲にし、即効性のある解決策を求める当局の姿勢を反映しています。

貿易赤字が拡大し続けていることも、外為バスケットに純額で加算するのではなく、ほとんど減算しているため、問題を解決していません。

為替が不足し続ける限り、国際通貨基金(IMF)のプログラムでさえ、ガソリンスタンドに燃料を供給することはできないだろう。
このままでは、燃料不足に悩まされることになるだろう。

さて、そろそろガソリンを探しに行こうかなあ……。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください