【マラウイニュース】「バイ・ローカル」医薬品戦略を見直し

‘Buy local’ pharmaceuticals initiative under review

2022年8月24日 | THE NATION

マラウイ貿易産業省と製薬業界は、今年その実施を停止した「医薬品バイ・マラウイ戦略」に関する覚書(MoU)を見直すことを決定した。

公共調達資産処分庁(PPDA)は、契約書のいくつかの条項が競争・公正取引法などの他の法律と矛盾していることを指摘し、覚書を一時中断させている。

昨日ブランタイヤで行われた関係者会議で、通産省の主席秘書官は、新しいMoUが署名されれば、その計画が成功するよう、政府は可能な限りのことを行うと述べている。
「このプロセスの次の段階として、見直されたMoUが提示される会議が招集され、その後、関係者によって署名される可能性があります。政府と(製薬)業界の双方にとって公平な文書を作成するために、皆さんが真剣に検討することをお勧めします。」と伝えている。

中央医薬品商会(CMST) は、この戦略を実施する上で重要な存在であり、特にマラウイ製薬工業協会 (Phamam) と枠組み協定を締結している。

また、ビクトリア製薬産業社とも注射器の供給に関する同様の覚書を締結し、保健省、財務省、CMST、Phamamの4者が署名している。

CMSTの最高経営責任者は、ブランタイヤでの昨日の会議の傍らで、コメントすることができなかった。

しかし、PPDAの能力開発担当ディレクターは、昨日、規制機関は、枠組み合意が特定の法律に沿っておらず、多くの非効率性をもたらしていることを確認したと話している。

彼は、特に、MoUを除いて、Phamamを従事させるための明確な方法がなかったと述べている。
「CMSTから受け取った報告書によると、価格比較をすると、この協定で調達された品目は、協定に参加していないメンバーを使って現地で調達された品目よりも高い価格であることが示されています」とディレクターは話している。

以上のことから、PPDAは、バリュー・フォー・マネーの原則が実現されていないと判断し、MoUを一時停止し、見直しを勧告したという。

一般に、バイ・マラウイ戦略全体は、地元企業の競争力を強化するために2013年に開始されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください