【マラウイニュース】「トゥマイニ・フェスティバル」が本日からスタート

Tumaini Festival starts today

2022年11月3日 | Malawi 24

トゥマイニ・レトゥの代表的なプログラムであるトゥマイニ・フェスティバルが今日からドーワ県のザレカ難民キャンプで開催された。

トゥマイニ・レトゥの広報担当者がMalawi24に語ったところによると、フェスティバルは今日から11月5日(土)まで開催されるという。
「私たちは、トゥマイニ・フェスティバルが今日から始まることに興奮していますし、フェスティバルを特別なものにするために非常に良いラインナップを持っています。グワンダ、ドン・ターズ、ABディーヴァド、アトティ・マンジェ、プロヴォイス、エーテル・カムウェンド・バンダ、ニャゴなど、地元のトップアーティストによる最高のパフォーマンスを期待しています」と述べている。

広報担当はMalawi24に対し、ザレカ難民キャンプからの才能がイベントのスパイスになるだろうと語っている。
「タレントにはタレントがあり、トゥマイニ・フェスティバルはそのタレントを世に問うものです。人々は、アマホロ・ドラマー、ザレカ・アクロバット、ブリーズ・オブ・ライフ、クリス・ワパ・イージー、エリキア、Djヒューゴ・プロなどのトップパフォーマンスを期待し、楽しむことができます」と彼は話している。

広報担当によると、このイベントは金曜日に文化省の職員によって正式に開会される予定である。
また、駐マラウイ米国大使も土曜日に参加される予定であると話している。

トゥマイニ・フェスティバルは、エンターテイメントと芸術的表現を用いて、難民とその受け入れコミュニティの文化的調和、相互理解、平和的共存を促進するユニークな文化イベントである。
難民キャンプ内で開催されるこの種のフェスティバルは、世界でも唯一となっている。

トゥマイニ・フェスティバルは、2014年に設立されている。
難民キャンプ内で大規模な文化イベントを、難民が周囲のホストコミュニティと協力して、双方の利益のために作り上げ、運営するという、並外れた例である。
また、難民の権利に関するアドボカシーのプラットフォームとしても機能している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください